化粧品業界では薬剤師の求人があるのか

薬剤師1

薬剤師の資格を取ってから化粧品業界に興味を持ったけれど、資格を生かして働けるのかと疑問に思っている人もいるでしょう。

薬剤師の求人を探してみると化粧品業界からの募集はあるのでしょうか。《参照元|アポプラス|薬剤師 求人

この記事では化粧品業界における薬剤師のニーズについて説明した上で、どのような職種の求人を見つけられるかを簡単に紹介します。

薬剤師の求人は幅広い年齢で行われる

化粧品業界でも薬剤師のニーズがある

薬剤師の免許があると調剤ができることや、管理薬剤師として医薬品の管理を担当できることがメリットです。このような職能を生かせる調剤薬局や病院、医薬品販売業者などでは薬剤師のニーズがあるのは明らかでしょう。

しかし、化粧品業界となると医薬品の調剤も販売もしていないので薬剤師のニーズがないのではないかと思うかもしれません。採用されたとしても一般の人と同じ扱いではないかと考えてしまいがちですが、実は薬事で学んだことを思い返してみれば関連性があるのに気づくでしょう。

薬事法から医薬品医療機器等法に切り替わったので薬剤師になったのが昔の人は法律が変わっていることには注意が必要ですが、今も昔もこの中に化粧品についての規制が含まれています。化粧品業界では化粧品を製造販売するために許可を得るなどのプロセスを経なければなりません。

メーカーでは特に切実な問題で、許可を得るために薬事に詳しい人材が必要になります。また、化粧品の製造現場での品質管理でも基準を理解していて適切な対応ができる人材が欠かせません。この他にも医薬品の研究開発などの色々な現場で薬剤師が重宝されています。

実際にどのような職種の求人があるのかを確認していきましょう。

工場での品質管理職

化粧品業界で最もよく見かけられる薬剤師の求人として、化粧品製造工場での品質管理職が挙げられます。化粧品メーカーでは化粧品や医薬部外品などの製造を工場で行っているのが一般的で、その品質が基準を満たしていることを監視してチェックすることが求められます。

製造工程や製造に使用されている設備についても基準を満たしていて、正しく動作していることを確認することが必要です。製品のチェックだけでなく製造のプロセス全体の品質を管理することで安全かつ安心して利用できる化粧品や医薬部外品を世の中に出せるようになります。

この品質管理を担当するのが仕事で、管理薬剤師としての役割が求められるのが一般的です。医薬部外品を取り扱っている場合には薬剤師が管理を担当しなければならないと法律で定められているため、薬剤師の採用が必須になります。

化粧品のみの製造であれば薬剤師である必要はありませんが、高級化粧品の中には医薬品と同じGMPを遵守している工場で製造しているなどと謳っているものもあるでしょう。これを証明できるように管理薬剤師を置いていることもよくあります。

オフィスでの開発業務

新しい化粧品を製造して市場に出せるようにするためには医薬品医療機器等法に従って許可申請の手続きをしなければなりません。

そのため、化粧品メーカーでは開発業務の担当者を採用しています。開発職は化粧品の候補ができて製品として市場に出そうということになったときに、許可申請などの公的手続きをするのが仕事です。

医薬品医療機器等法の要件を満たしているかを確認し、必要な書類を整えて申請する必要があります。化粧品メーカーでは十分な知識を持っていて正しく申請業務を行える人材として薬剤師を重宝しているというのが実態です。

基本的にはオフィスワークの仕事で、他社の動向も確認しながらいかにして許可申請を通せるようにするかを考えて書類をスピーディーに作成することが重要な使命となっています。

オフィスでの広告宣伝課

化粧品メーカーや化粧品の販売会社では薬剤師を広告宣伝課などの商品の宣伝やマーケティングなどをする担当者として採用しています。医薬品医療機器等法による規制を受けている化粧品は宣伝広告のときにも注意が必要で、化粧品の表示に関する公正競争規約に基づいて不適切な表示をしないようにしなければなりません。

効果や効能があることを誇大広告にして消費者に正しくない情報を提供するのを防ぐことを目的としている規約です。この内容は医薬品や医薬部外品との差別化の意図もあるため、全体像を正しく理解している薬剤師が部署にいると適切な対応を取りやすいと考えられるでしょう。

そのため、広告や宣伝をする担当者の求人が比較的よく見かけられます。また、広報課についても同様でプレスリリースなどを出すときに問題がない表示かどうかを判断できることが求められるので薬剤師の採用が進められています。

商品のパッケージに記載するフレーズなども同様で、担当部署には必ず一人は薬剤師がいるという現場が多くなっています。

会社によってはこのような問題について開発職への問い合わせで対応していることもあり、このような会社では開発職の求人が多めです。

研究所での研究職

薬剤師は化粧品メーカーの研究所で働く研究職としても採用されています。主に担当するのは処方設計や成分分析、物性評価といった業務で、医薬品の製剤と類似している部分があることから経験のある薬剤師を採用する傾向があります。

ただ、研究職はあまり一般的には募集されていません。メーカーにとっては生死を分ける生命線になる部署なので、戦力として有望な人しか採用しない傾向が強いのです。新卒採用は積極的に行っていますが、大手になると修士以上の人しか採用していないこともあります。

中途採用の場合には実務経験が重視されていて、化粧品メーカーや医薬品メーカーなどで研究職を担当していたことが3年くらいはないと応募できないのが通例です。

研究職は経験者向きでスキル重視なので狭き門ですが、研究補助として派遣社員を雇っているメーカーもあります。もし未経験から研究職を目指したいならまずは派遣から始めるのも良い方法でしょう。

薬剤師の資格を生かして化粧品業界で働こう

化粧品は医薬品医療機器等法によって規制されている影響で薬事に詳しい薬剤師が重宝されています。管理薬剤師としての役割も担うことができ、研究開発のための戦力としても期待してもらえる場合があります。色々な職種を候補にできるので興味関心や今までのキャリアを考慮してどのようにして働いていくかを考えるようにしましょう。